ドラムサークルとは?


どんちゃか村TOP(ドラムサークル 大阪)ページヘ

 

ドラムサークルとは、アフリカのタイコなど使って、みんなで輪になり、好きなように即興の演奏して楽しむあそびです。最初バラバラだった演奏が後半には、みんなが自然に息を合わせてすばらしい心地よい演奏になるんです。

 

一度参加すれば、必ず2度3度とやりたくなるあそびですよ。 

  医療関係のリハビリや企業でのチームビルディング研修にも採用されています。 

 

だれでも参加できるの?? →ドラムサークルは、『誰でも参加OK』です!!

どんちゃか村TOP(ドラムサークル 大阪)ページヘ

● 楽器未経験者でもOK

    リズム感がなくても楽譜見れなくて大丈夫!
    もちろん経験者も楽しめます

● 子どもでもご年配の方でもOK 

    演奏が終わると不思議と年齢関係なく友達になれます

● 国籍がどこでもOK 

    アジア・アメリカ・アフリカの人でも言葉が必要ないので楽しめます

● 障害を持つ方もOK 

    様々な施設でスタッフの方がびっくりするほど楽しまれています

 

どんちゃか村TOPページ

他にもこんな方が参加されています。

 

♪ 楽器演奏未経験だけどミュージシャン気分味わいたい人 

 ♪ 最近楽器をさわる機会がない人

♪ たくさんの人でフリーなセッションをしてみたい人

 ♪ ただ単純にすかっとして気分がよくなりたい人

♪ 世界の様々な楽器(タイコなど)をさわって演奏してみたい人

 ♪ 見ず知らずの人と一つになる心地よさを感じたい人

 

どういう風にするの?? → ドラムサークルは、『好きなように楽しんでOK』です!

どんちゃか村TOPページ

サークル全体をファシリテーターと呼ばれるガイド役がリードしていきます。

 

ドラムサークルで主に使われるタイコ類は、楽器の中でもっとも原始的なものです。叩くだけですぐに演奏出来る一番単純な楽器で演奏します。

 

参加者は、自分が間違いはしないかという心配をする必要は全くありません。思い切り好きなようにしてください。ファシリテーターのガイドによって人間本来のリズム感・協調性が引き出されて、いつのまにか自然に心地よいハーモニーができてきます。もし、ハプニングが起こっても即興上の楽しい要素となってアンサンブルがより発展していきます。

 

どんな楽器で演奏するのか? → ドラムサークルは、『基本なんでもOK』です!!

どんちゃか村(ドラムサークル 大阪)TOPページヘ

【 タイコ 】    

   ジェンベ(アフリカのタイコ)

   フレームドラム(タンバリンの大きいもの)

   カホン(木の箱の楽器)、コンガ、ボンゴ、エイサー太鼓など

【 小物打楽器 】  

   シェイカー,タンバリン,ウッドブロック,カウベル,トライアングルなど

【 その他 】    

   笛,ギター,ディジュディドゥ,自作楽器,100均楽器(ピコピコハンマー等)

 

     →ドラムサークルで利用する楽器紹介(画像)

 

 

どんちゃか村ドラムサークル情報

どんちゃか村ドラムサークルトップページへ